2005年11月14日

野村流

チームをどう鼓舞していこうか・・・講演会にサイン会にと忙しい野村監督も、悩みは尽きないようだ。この1年ですっかり「負けて仕方ない」という意識が植え付けられてしまったチームには、やはりバレンタイン監督のような手法は合わない。叱咤中心では阪神時代のように選手が「笛吹けど踊らず」状態に陥る危険はあるが、かと言って優しく褒めたりするだけでは、ますます弱くなるだけだと思う。ボヤキやイヤミは不要としても、阪神が星野監督のもとで一変したように、この”負けグセ”体質のチームには、むしろ鉄拳を振りかざすくらいのインパクトが必要だろう。

万年Bクラスだったヤクルトの選手たちがIDを吸収し年々強く逞しくなっていくのを、「頼もしい」と称えたこともある。めったに褒めない野村監督も、成長し結果を出す者に対しては、明るく親身に接するのだ。つまり、チームが変わっていけるかどうかは、逆にいえば、選手の実力と自覚の問題でもある。監督の手腕ばかりが問われがちだが、何よりも選手自身が「野球がうまくなりたい」「監督を胴上げしたい」という意識を持って臨めなければ、チームの成長はありえない。監督にはぜひ厳しい野村流を貫いて頂き、そして選手こそ、全身全霊尽くして頑張ってほしいものです。(田尾解任劇の二の舞とならないように・・・)
posted by Gold-A at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

アジア最強

シーズンオフの親善試合とは違い、初代のアジア王者を決める真剣勝負。そんな場内の空気をテレビから感じ取れて、なぜかホッとした。客席はロッテファンで埋まり、韓国からも大勢のファンがつめかけ、試合開始から終了まで地上波でも完全中継された。アジアシリーズという初のイベントが、(パのプレーオフのように)軽視されなかったことに一安心である。

このシリーズを通して、日本のファンの応援の熱心さを他国に伝えることができたと思う。なお、今回は自国での開催だったことも有利に働いたろうし、また、ロッテだったからこれだけ盛り上がった、というのも正直なところ。来年以降、もし他の球団が同シリーズに出場したら、ロッテ同様の声援を送れるようファンは頑張らないといけないし、もし海外で開催されることになった場合には、選手たちが真の実力を発揮できるかどうかもポイントとなろう。

とにもかくにも、ロッテは日本一に続くタイトル獲得。日本代表として栄冠を勝ち取ってくれたことを、心から祝福しよう。なお余談だが、ロッテの選手たちがみな、ガムを噛んでいるのが気になった。その是非はともかく、噛むと力が発揮できるような、そんな不思議な効果があのガムにはあるようだ。CMで「よしこ」さんが元気を出すように、私もつらい時は、(ロッテグリーン)ガムを噛んで乗り切ろうかな(笑) でもやはり、選手を勇気付けたのは、ガムなんかじゃなく、間違いなくロッテのサポーターたちですよね・・・
posted by Gold-A at 23:46| Comment(0) | TrackBack(3) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

くせもの

彼の実力なら他球団でもまだ通用すると思うのだが、これまで故障などで離脱を繰り返してきたように、体力的な部分を考慮しての引退でもあろう。そして、高卒で一浪までして手に入れた巨人ブランドを携えたまま現役を終えることは、彼にとっては心から望んでいたことで何の悔いもないことと思う。

そんな元木がなんと、評論家になるそうだ。それにふさわしい野球理論を持ち合わせているかどうかは疑問だが、やるならばありふれた解説でない、曲者(くせもの)ならではの持論で視聴者を楽しませてほしいと思う。江川に負けじと遠慮なく、巨人をバッサバッサと斬ってほしいものである・・・


元巨人・元木さん解説デビュー 日テレ系「THE・サンデー」
posted by Gold-A at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーフパイプ

首都高を走っていたら、黄色いU字型の鉄骨らしきものが見えた。ドン・キホーテ六本木店に完成予定の、あの絶叫マシンである。これを巡り論争が生じているという話題を先日ワイドショーが報じていたが、ビルの屋上にそびえるその姿を実際に見て、やはりこの都心の街並みには異様で唐突な印象を受けた。ビルが立ち並ぶこの界隈に住宅は無いだろうと私も思っていたのだが、見る限りマンションが結構あるし、もちろんオフィスも多数存在する。建築基準法上は問題ないらしく、店側も「騒音が出ることはない」などと言っているようだが、やはりどう考えても、あのシチュエーションとマシンの性質から乗客の歓声や悲鳴が響き渡らないとは思えない。確実に騒音になり、確実に近隣の迷惑になると思うのだが・・・

それにしてもよく考えるものだ。あのマシンに乗ってみたいと興味を抱くお客さんは確実にいるだろうし、それが目玉となればリピーターも見込め、集客という点ではとりあえず成功することだろう。しかしその一方、時間がたてばすぐに飽きられることも考えられる。深夜営業をメインとし地元住民から疎まれがちだが、それでも着実に業績を伸ばし成長し続けるドン・キホーテ。はたして今回の試み、吉と出るか、凶と出るか。なお私は、このマシンに興味はないことはないが、乗るとすれば、一度乗ればきっとそれで十分だろうな。この手のマシンは、あまり好き好んで乗るほうではないもので・・・


ドン・キホーテ六本木店 ハーフパイプのページ
posted by Gold-A at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

「空いてるよ」

「君の番号を用意して待っている」・・・お得意の攻撃(口撃)がまた始まった。空き番となった「20」をプレゼントすることで、豊田に誠意を示すそうだ。なんともタイミングのいい、ローズの退団である。

久保、林、木佐貫ら有望な投手がいる。でも巨人にとっては、「抑えは完全に空席」らしい。育成のノウハウがないのか、単に選手がだらしないのか。いずれにしろ、自前の投手を育てようという意思は、相変わらず見られない。

なおかつ求める選手像は、(毎度のことだが)曖昧である。先発左腕の確保を目的に、今日、野口の巨人入りが決定的となった。早くも”使い捨て”のにおいがプンプンするのは気のせいか・・・


原監督、豊田に背番「20」
<FA交渉>「誠意を感じた」中日・野口、巨人移籍に前向き
posted by Gold-A at 22:13| Comment(0) | TrackBack(3) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。