2005年11月09日

「空いてるよ」

「君の番号を用意して待っている」・・・お得意の攻撃(口撃)がまた始まった。空き番となった「20」をプレゼントすることで、豊田に誠意を示すそうだ。なんともタイミングのいい、ローズの退団である。

久保、林、木佐貫ら有望な投手がいる。でも巨人にとっては、「抑えは完全に空席」らしい。育成のノウハウがないのか、単に選手がだらしないのか。いずれにしろ、自前の投手を育てようという意思は、相変わらず見られない。

なおかつ求める選手像は、(毎度のことだが)曖昧である。先発左腕の確保を目的に、今日、野口の巨人入りが決定的となった。早くも”使い捨て”のにおいがプンプンするのは気のせいか・・・


原監督、豊田に背番「20」
<FA交渉>「誠意を感じた」中日・野口、巨人移籍に前向き
posted by Gold-A at 22:13| Comment(0) | TrackBack(3) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

豊田さんはパリーグの至宝なのです。
Excerpt: 『豊田さんを一番必要なのはライオンズ』 管理人は、豊田様を神様と崇めております。 パリーグの至宝、西武の宝なのです。 巨人なんかにゃ勿体無いのです。 偉い人にはそれがわからんのです。 ……ア..
Weblog: 蒼色ストレイト −河原純一応援記−
Tracked: 2005-11-13 00:04

豊田さん初交渉
Excerpt: 昨日はニュース全然見られなかったので、豊田さんの会見は全く見ていません。 新聞記事も各紙論調がバラバラで、よくわからん蓮 「代表から一緒に戦って欲しいと強く言われ、うれしかっ..
Weblog: A Whiter Shade of Pale
Tracked: 2005-11-13 02:00

豊サマと巨人の話し合い。
Excerpt: 話し合いの結果は、巨人と初交渉も「よく考えたい」 ということで保留だそうです。 交渉の途中で原監督から電話があり、「来季一緒に戦っている姿を頭に描いている」と言われたという。 ほらねー、やっぱそ..
Weblog: のんびりいきましょ。
Tracked: 2005-11-13 22:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。