2005年12月23日

清原とノリ

パ・リーグと関西を盛り上げようとする姿勢は買う。だが、オリックス入団の理由が「亡き仰木さんのために・・・」というのは、あまりにも都合が良すぎるように思えてならない。清原は、仰木さんの生前からすでにあれだけオリックスからラブコールがあったにもかかわらず、返事を先延ばし先延ばしにしてきた。また、中村ノリは、昨年オフの近鉄とオリックスの合併に伴う分配ドラフトでオリックスに振り分けられながらも、反発して渡米した。つまり清原もノリも、オリックス入りなどこれっぽっちも頭になかったはずである。二人とも結局どこからも声が掛からず、渋々オリックスに入らざるを得なくなっただけではないのか。にもかかわらず、彼らの入団の決断を美談として取り上げられることに、違和感と二人の調子の良さ(ずる賢さ)を覚えるのである。

ともに球団から人気アップの決め手としての働きを期待されているが、来季どれだけの数字を残せるかは未知数だ。また、彼らが入団したからといって、集客が見込める保障はない。見込めるとしてもおそらく最初だけ、例えば清原が巨人時代のように持病で欠場を繰り返すようなことがあれば、素直なファンはすぐに愛想を尽かすだろう。また、彼らの存在によって若手の育成が阻害されないことを願う。また、彼らを特別扱いすることによって選手間や選手と首脳陣との信頼関係が崩れないことも。このように長期的なスパンで見てもチームのためになるとは到底思えない彼らの入団なのだが、とにもかくにも待望のスター選手確保、オリックス球団は安堵していることだろう。彼らが結果を残してこそ、パ・リーグは盛り上がる。それだけに彼らに課された役割は重い。球団やファンを失望させるようなことがあっては、仰木さんも報われないから・・・
posted by Gold-A at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。