2005年12月25日

有馬記念

立川WINSで新聞片手に買ったのは、馬単で(6)から(3)(7)(10)(14)(15)(16)である。中居君による今年一年のG1レースのポスターがずらっと並ぶフロアで、戦況を見つめた。結果は、(10)ハーツクライが優勝、(6)ディープインパクトは2着に敗れ、3着は(14)リンカーンだった。

まさか。3、4コーナーから徐々に追い上げたものの、最後はあとわずか及ばず。いつもの加速が見られなかった。武騎手も、「敗因はわからない」と言っている。これが競馬の難しいところなのだろう。まあ、”4冠”濃厚の英雄を軸にしたことに、悔いはない。日本競馬の歴史を塗り替える可能性のある逸材を信じたのだ。ディープインパクト、一年間お疲れ様。来年もすごい走りを見せてね。

しかし本音は、「せめて馬連にしておけばよかった・・・」(苦笑)
posted by Gold-A at 20:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

五輪切符

トリノ五輪の参加資格は、今年7月1日時点で15歳以上。浅田真央はこの条件に約3カ月足りなかった。骨格が出来上がる若い頃からジャンプを繰り返すことによる選手の健康上の理由から、そのようなルールが決められたらしい。でも、9月25日生まれの浅田は、今すでに15歳になっている。腑に落ちないのは、なぜ7月1日なのかについての明確な根拠がないからだ。実際には、年齢なんかではなく、生まれた月日によって運命が左右されてしまう。世界のトップに立とうかという実力者が、その曖昧な規定のために五輪に出場できないのである。

とはいえ、試合後に「特例を」などと問題視するのは、やはり誤りだと思う。たしかに年齢を超えた演技力を備える”旬の”浅田を、五輪の舞台で見てみたい。「1位の人を五輪に出さないのはおかしい」「ここで特例を適用すれば、競技がもっとレベルアップする」などの意見も、もっともだ。しかし、ルールはルールである。ルールは9年前の総会で決められたことであり、日本も賛成しているという。今回たまたま浅田という選手が出てきて、たまたま五輪出場に値する成績を残しただけのことなのだ。その一人の選手の結果のために、決められたルールを都合よく改めることがもしできてしまったら、”ルールを守る”というスポーツの根本が崩れてしまうことになる。よって、特例が認められることはないだろう。浅田が今の実力を今後4年間も維持し続けることは相当な困難を伴うだろうが、とにもかくにも、4年後も浅田が世界の頂点に立ち続けていることを期待するしかない・・・

続きを読む
posted by Gold-A at 17:10| Comment(0) | TrackBack(5) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

清原とノリ

パ・リーグと関西を盛り上げようとする姿勢は買う。だが、オリックス入団の理由が「亡き仰木さんのために・・・」というのは、あまりにも都合が良すぎるように思えてならない。清原は、仰木さんの生前からすでにあれだけオリックスからラブコールがあったにもかかわらず、返事を先延ばし先延ばしにしてきた。また、中村ノリは、昨年オフの近鉄とオリックスの合併に伴う分配ドラフトでオリックスに振り分けられながらも、反発して渡米した。つまり清原もノリも、オリックス入りなどこれっぽっちも頭になかったはずである。二人とも結局どこからも声が掛からず、渋々オリックスに入らざるを得なくなっただけではないのか。にもかかわらず、彼らの入団の決断を美談として取り上げられることに、違和感と二人の調子の良さ(ずる賢さ)を覚えるのである。

ともに球団から人気アップの決め手としての働きを期待されているが、来季どれだけの数字を残せるかは未知数だ。また、彼らが入団したからといって、集客が見込める保障はない。見込めるとしてもおそらく最初だけ、例えば清原が巨人時代のように持病で欠場を繰り返すようなことがあれば、素直なファンはすぐに愛想を尽かすだろう。また、彼らの存在によって若手の育成が阻害されないことを願う。また、彼らを特別扱いすることによって選手間や選手と首脳陣との信頼関係が崩れないことも。このように長期的なスパンで見てもチームのためになるとは到底思えない彼らの入団なのだが、とにもかくにも待望のスター選手確保、オリックス球団は安堵していることだろう。彼らが結果を残してこそ、パ・リーグは盛り上がる。それだけに彼らに課された役割は重い。球団やファンを失望させるようなことがあっては、仰木さんも報われないから・・・
posted by Gold-A at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

撤去

絶叫マシン「ハーフパイプ」の営業が中止となるそうだ。やはり周辺住民の抗議にはかなわなかったか。というより、本業以外の件で企業のイメージを損なわせるのは利口でないと判断したようである。これにより建設費約8億円がムダになるとのこと。でもここの社長なら、そんなことに懲りることもないのだろう。更なる斬新なアイデアを出してくる気がします・・・


ドン・キホーテ、六本木店屋上の「絶叫マシン」撤去へ
posted by Gold-A at 18:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

2倍

ペヤングソースやきそばの「超大盛」を食べた。カップを開けると、通常の麺が2玉入っている。大きな麺が1玉入っているわけではなく、つまり、通常のものを2つ食べるのと同じことである。しかしソースは、やや大きめの袋が1つ入っているだけ。そのため肝心の味は、通常のものよりは少々旨みに欠ける。麺が多いわりにソースが少ないため、味が薄いのだ・・・。それでもさすがにボリュームたっぷり、食後は満腹でした。

超大盛.jpg
見た目もデカい・・・
posted by Gold-A at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。